「5パーセントの奇跡」

十代の時にほぼ全盲になってしまった青年が、五つ星ホテルで働く夢を

叶えるために奮闘する、実話に基づいた物語。

スリランカ系ドイツ人の優秀な青年サリーは、高校卒業間近に

先天的な病気で網膜剥離となり、視力を95%失ってしまいます。

それでも彼は、一流ホテルで働きたいという夢をあきらめきれない。

自分の病気を隠してミュンヘンの五つ星ホテルで、研修生としてスタートします。

視力を95%失うということがどんなものだか想像できないと思っていると

画面が時々酷くぼやけ、殆ど見えなくなってしまいます。

これは、サリーの目を通して見える世界であるらしい。

真っ暗でないというだけで、もう殆ど何も見えません。

とにかく目の前で女性が全裸になっても、それに気が付かないくらい。

ぶつからずに歩くだけでも大変なそんな状態で、一流ホテルの部屋の清掃、厨房の手伝い、お客へのサービスなんて

不可能だろうと普通は思います。

面接に遅刻してきたのをかばったことで仲良くなった同じ研修生のマックスが

金持ちのドラ息子でチョイ悪なのに、いいヤツなのです。

彼は、ホテル業の親の顔を立てて仕方なくやっているという感じなのですが

ヤル気はまったくなく、研修中に美人の女性客とベッドインしたりしている。

が、殆ど見えないサリーが苦労しているのを見かねて、色々と手助けをする。

マックスの助けを借りて、寝る間を惜しむ特訓をして、サリーは少しずつマスターしていく。

バーテン修業では、お酒の瓶の形と匂いを全部覚えてカクテルを作るという具合。

しかし実家への経済的負担や、恋人との関係のこじれ、鬼教官からのいじめなどで

段々とくじけ、薬物に手を出したりする。

体力的にも精神的にも追い詰められ、遂に大変な事態になってしまうのですが…

見えないというハンデにめげず、サリーが必死に頑張っている姿には

つい応援したくなってしまう。

適度にラブコメ要素も取り入れ、笑って泣いて元気が貰える、楽しい作品です。

何処までが実話で何処までが脚色なのか知りたいところですが

この作品の公式HPには、実在のサリヤ・カハヴァッテについて

スリランカのシンハラ民族の血を引くドイツ人。15歳のころ、視力の95パーセントを失う。

高校を卒業し、ホテルで見習いとして働いたあと、失明していることを何年も

隠したまま、接客業と美食調理法においてキャリアを積む”とだけ紹介してありました。

ラストに出て来た実物のサリーの姿と映画のサリーとの違いには

かなり驚きましたが…

英題 「MY BLIND DATE WITH LIFE」

5パーセントの奇跡