第516話2018年の雇用動向の予測と考察前編

慌ただしい年末も過ぎて、あっという間に2018年に突入です。毎年感じることですが改めて振り返ってみると昨年も色ありました。各職員から1年を振り返っての感想や意見を収集し具体的に紐解き考察してオフィスタからの視点でみた2017年の振返りと、そこから毎年恒例の2018年の雇用関連の予測をしてみたいと思います。

2017年に感じたこと

昨年頭に、2017年は労働基準監督署の強硬な査察が日本企業の労働体系を変えるかも、そのしわよせが労働者に降りかかるのではないかと予想しましたがいかがでしたでしょうか。昨年ニュースで労働関連の話題と言えば残業問題ばかりでした。電通事件や一部の劣悪な労働環境が蔓延っている悪質な企業撲滅のために労働局が本腰入れたのは良いことだと思いますが、健全な一般企業までがこれに過剰に反応し過ぎた感がありました。法律と現実は違うため残業をゼロにするなど実現不可能ですがその妥協点が見出されるのかどうか、ある程度常識的な範囲内での残業を国民が是と捉えるか非と捉えるかを考えさせられる1年になるだろうと昨年予想しましたが、労働者は是と捉えたのに対して、企業側が非と捉えてしまったようです。残業を無くして休暇を増やせば労働者が豊かな生活を送れるというのは誤りです。例えば最たるものはプレミアムフライデーで企業も労働者も冷やかな目で見ていたのは記憶に新しいところです。日本は特に祝日も多いため、ノー残業や休暇の押し付けをされても労働者はうんざり気味で、むしろ残業代も収入見込みとしていた人にとっては風潮のしわよせを喰\xA4

蕕辰審聞イ砲覆蠅泙靴拭8疒外漚笋茲曚匹梁膣覿箸任發覆じ造蝓\xA2Pフライデーのような制度が日本で根付くことは決してないのですが、誤った方向性が生んだ産物でした。

1億総活躍で女性、特に主婦やママさんの仕事への意識が微妙に変わるのではないかということを昨年初めに予想しました。これまで週2〜3日扶養内で働きたい、時短で働きたいという形態で労働に興味を示していた主婦層というのはご主人の収入があくまでメインであって、金銭を稼がなければならないという生活困窮危機的状況ではありません。だからこそ育児や家事の合間を縫って働きたいという欲求が生まれていたわけですが、男性と同様に仕事を人生の優先順位1位にできるのか?と予想しました。いつの間にか1億総活躍から働き方改革とその身を変えて進められましたが、ワークライフバランスWLBを目指す女性には大変厳しい改革に思えました。主婦層の7割がこの改革には異論を唱えるのではというデータもあり、まさに独身女性を主体にした考えの改革のように今のところ思えます。週2日の扶養内のお仕事を希望していた女性にとっては昨年後半はお仕事を見つける事さえできなかったのではないでしょうか。求人募集サイトなどをみても今や週2日勤務などというお仕事を探すことは困難です。働き方改革の名の下に週5日の1日4時間だから\xBC

臧愆新泙覆匹量擷諒❹ǂ蕕覆な臀犬ⓐ鈇┐討④泙靴拭B膽蠻標嘻饉劼任盻\xB53日勤務は殆ど姿を消しつつあり週4日か週5日が主流になりました。勤務時間は短くてもよいので週4〜5日にこだわるというのが今の主婦向けの募集案件なのですこれについては色とこの業界の裏事情があるのですが、敢えてここで書くべきではないと思いますので伏せておきます。

オフィスタではできるだけ主婦ママさんのWLBに合った形でのお仕事紹介をしてきましたので、他派遣会社よりも柔軟な勤務形態を取り入れて昨年は順調な1年だったように思います。勤務形態や働き方の選択肢を幅広く色導入したため同業他社とは一線を画しているため、特に主婦やママさんのスタッフの方には満足していただけたのではないかと思います。数字的にはWLB重視で働きたい女性のオフィスタへの登録率は前年比210増で創業以来最高値を記録しました。派遣離れと言われている昨今では驚異的な数字であると思っています。それだけWLB重視で働きたい女性の駆け込み寺が世の中に少なくなって、オフィスタのようなスタイルの会社が選ばれるべき理由が生まれているということでしょうか昨年後半の同業他社が週2〜3日勤務撤廃に伴いオフィスタへの登録者が急増した。

さて2018年はどんな年になるのでしょうか。つづく

オフィスタNEWS第116号抜粋

オフィスタNEWSはこちらから閲覧できます。

----------------------------------------

オフィスタ公式ツイッターはこちら

オフィスタ公式フェイスブックはこちら

オフィスタ公式ホームページはこちら

オフィスタ無料メルマガはこちら

オフィスタのお仕事情報を見るにはこちら

----------------------------------------