金谷治老子

著者、金谷治かなやおさむ、1920〜2006年は中国哲学、中国古代思想史の学者です。

ブックオフの棚で目にして、思わず購入。

読んでみたら、ああ、老子ってこんな感じなのかと納得。

タイトルの脇にある無知無欲のすすめとあります。

けれど、愚かだったり、あまりにも愚鈍だったら。

やっぱり、辛いな。

孔子論語も相当だった記憶だけれど、中国って。

いや、この本、

文庫本だし、細かく章立てして老子の考えを解説してあるから、分かりやすかったです。

夏休みに大人のお勉強?

そんな感じになってしまった笑。

おしまい。

先週、夏のニース恒例のニースジャズが1週間開催野外コンサート。

ぬあんと、大昔、大好きだったハービーハンコックが來た!!

でね、夜の10時に行っただすよ。

なのに、ジャズと云うよりロックっぽいもう帰ってしまつた。

でねでね、翌日、ネット検索したら、11時開始だったんですって!!

最近。。早寝だから。。無理。。

広告を非表示にする