たとえ100自分に非がなくとも、省みることで得られるもの

穏やかな心を保つために

いかがお過ごしですか?

癒しによる覚醒グランドマイスターの冨田真由美です。

いつもお読みいただき、心から感謝申し上げます。

絶対に自分は悪くないどんなに考えても相手が悪いあの人が〜さえしなければ、自分は幸せだった。あの人さえいなければ、こんな状況にならなかった100相手が悪い。自分は絶対に悪いところなんてない。

が〜さえしなければ、自分はもっと幸せだった。

このような考え方は、例え本当に本人に非がなくとも、その思い自体は攻撃になります。

負の感情を抱くことで、心は大きく乱れてしまう。

正しい行いをしていたならそれでいい。

過去を嘆いて、相手を恨んで、自分の不幸を嘆いても、物事はプラスに変わりません。

から〜されたのは、自分が〜に気づいていなかったからかもしれない。例え自分に非が見つけられないとしても、こんな風にちょっとだけ視点を変えて考えてみる。

自分が今いる現状は、確かに嫌なこともあるけれど、すでに今あるものに目を向けた時、どれだけ恵まれた環境かを知ることができたりもします。家族、友人、同僚などの人間関係。お風呂もトイレもキッチンもある家。食べたいものを食べられる環境。自由に動けること。怪我がないこと。体を自分の意思で動かせること。

そうすると自然な感謝の気持ちが生まれると共に心に余裕ができる。本当は当たり前のように感じていることが当たり前じゃないと気づく。そうすると視野が広くなり物事が俯瞰しやすくなる。相手の中に気づかなかったものが見えてくる。

自分にとって何が大切なことなのか。

どんな選択をして、どう過ごすのがいいのか。

も疲れてたんだろうな。自分は今後、〜なところに気をつけて過ごしてみよう。そこには愛が確かにあった。

そんな風な謙虚な心が、心を豊かにし次の幸せへの近道になります。

いずれも私の体験記です。

本人であったり、相手であったり。

たくさんの気づきを与えてもらいました。

傲慢にならないよう、感謝を忘れずに、今日も今と向き合っていきます。

素敵な時間が訪れますように。

美しい在り方通信メルマガ登録はこちら。

第2、第4日曜日の14時頃に発行

自分とどう向き合えばいいのか、なりたい自分の姿とは。

自分との付き合い方心の整理の仕方がわかるようになります。豊かな人生を生きるためのエッセンスを配信できるよう頑張ります。

セッションをご希望の方は、下記のボタンからお問い合わせ、ご連絡ください。その後対応させていただきます。